よくあるご質問

おくすり手帳って何ですか?忘れたらどうなるの?

おくすり手帳は処方されたおくすりの名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。この記録がありますと、薬剤師が、どのようなおくすりをどのくらいの期間使っているのかが判断できます。

他の病院や医院などでおくすりをもらうときにも、薬剤師におくすり手帳をみせることで、同じおくすりが重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行わせていただきますので窓口に処方せんをお持ちの際に一緒にご提示ください。 また、お持ちでない場合はお薬と一緒にお作り致しますのでお気軽に相談して下さい。

また平成28年4月の法改正によりお持ちでない、もしくはお忘れになった患者様はご負担の金額が若干高くなってしまいます。これは患者様の他局と併せた服用方法、服用履歴など患者様ご自身の上での健康管理に非常に大事なものとなりますのでお忘れなきようよろしくお願い致します。

お薬手帳はいつ持っていればいいですか?

どこへ出かける時にも常に持っているようにしましょう。

外出先での思わぬケガや体調不良に見舞われ、医療機関を利用することもあります。
いつもお飲みの薬やアレルギー等の情報を記録しておくことで、ご自身の健康を守るために大変役立ちます。

平成28年4月の法改正によりましても、患者様ご自身の健康管理の向上と、薬剤管理に必要なアイテムとなっております。

かかりつけ薬剤師をお願いしたいのですが?

「かかりつけ医師」と同様、薬剤師にも「かかりつけ薬剤師」というものがあります。信頼できる担当の薬剤師がおりましたら是非ご相談下さい。同意書や負担金などに変更などいくつか条件の規定がございます。お問い合わせ下さい。安心してお薬を飲めるよう「かかりつけ薬剤師」がサポートいたします。

在宅介護による調剤を始めたいのですが?

当薬局の店頭かお電話でお気軽にお問い合わせください。東京23区を中心に近隣の薬剤師が在宅介護の訪問をすることが可能です。地域の医師やケアマネージャーなどと連動して介護の患者様の健康管理を致します。薬剤師による専門的な知識により例えば残薬の確認、他のお薬やサプリメントなどの飲み合わせなど安心してお薬を服用することができます。

FAXでの処方せん受付は可能ですか?

お仕事などのご都合などでなかなかお越し出来ない場合、処方せんの有効期限4日間以内のものであればお薬を受け取る店舗にFAXを頂ければ予めお薬を営業時間内にご用意しておくことが可能です。その際、4日以内に現物の処方せんと引き換えに(法律上、処方せんの原紙がないとお薬をお渡し出来ません。)お薬をお渡し致します。

万一、お使いになるお薬の在庫がなく取り寄せにお時間頂く場合や、ジェネリックのお話しなどもあることもありますので、必ずお手数ですがお電話を頂くか、連絡先のご明記をお願い致します。また、お薬の受け取りは代理の方でも可能です。

処方せんの有効期限ってあるのですか?

処方せんの有効期限は「保険医療機関及び保険医療養担当規則」に記載されていて、発行日を含めて4日間となっています。この4日間の中には土日・祝日も含まれます。もしもお仕事の都合やご旅行等でどうしてもお薬を受け取れない場合、受診した医師に事前にご相談することをお願い致します。

安いジェネリック医薬品は安全なのですか?

安全性はもちろん、製造管理や品質管理などそれぞれの段階で守らなければならない厳しい基準が定められています。ジェネリック医薬品も新薬と同様にその厳しい規制や基準を守って、開発、製造、販売されています。また新薬は、その特許期間が満了するまでに多くの患者さんに使用され、その成分の有効性や安全性が確認されています。ジェネリック医薬品はこうした多くの段階を経て開発されますので、有効性と安全性は十分に確かめられたお薬だといえます。さらに、平成9年から「品質再評価」という制度が実施されており、品質管理はより厳しいものになっています。
有効性と安全性が十分に確認された薬が、新薬の特許期間満了後にジェネリック医薬品として製造・販売されます。

ジェネリック医薬品を使うにはどうしたらいいですか?

処方せんに記載された医薬品に医師がジェネリック医薬品への変更に差し支えがあると判断した場合には、「変更不可」欄に「 」又は「×」を、「保険医署名」欄に署名または記名・押印がありますが、ジェネリック医薬品が発売されている場合は、基本的にジェネリック医薬品への変更が可能です。つまり、薬局で薬剤師さんと相談することで、自分のお薬をジェネリック医薬品にするか、新薬にするかを、選ぶことができます。

先発医薬品とジェネリック医薬品(後発医薬品)って何ですか?

近年、処方せん調剤では先発医薬品とジェネリック医薬品の選択が患者さんに可能となっております。

先発医薬品は、日本で最初に発売されたお薬で 特許を出願してから20~25年間、開発メーカーが独占的に製造・販売することができます。

これに対しジェネリック医薬品(後発医薬品)とは新薬の特許期間が満了後、厚生労働省の承認を得て製造・販売されるお薬のことです。

新薬に比べて開発費が大幅に削減できるため、新薬と同じ有効成分・同等の効き目でありながら、お薬の価格を低く抑えることができます。そのため患者さん個人の医療費負担を軽くするだけでなく、国全体の医療費削減にも大きく貢献することが期待されています。

バンビー薬局・白金薬局で受け取ったお薬についての問い合わせはどこにすれば良いですか?

お渡しした処方せんのお薬については、お渡しした店舗に薬歴簿を記録してあります。薬剤師が薬歴簿を見ながらお話しいたしますので、お手数ですが各店舗営業時間内にお電話をお願い致します。

医師に確認が必要な場合、薬剤師が医師に問い合わせすることもございますのでご了承ください。

▲トップへ戻る