現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品カテゴリー

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

店舗紹介

*バンビー薬局

2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

セキュリティについて

バンビー薬局ウェブサイトは皆様に安心してお買い物を楽しんで頂ける様に、SSLサーバ証明書を取得しグローバルサインによってセキュリティ認証されています。

SSL グローバルサインのサイトシール
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • 返品について
  • 個人情報保護指針

一般薬の通信販売 >美容・シャンプー・石鹸

ケアピローサエッセンス(店頭のみの販売となりました。取り扱いありますのでお電話でお問い合わせ下さい)

豊かな肌になるため。天然素材「宮古ビデンス・ピローサ」を使用

画像

「ケアピローサエッセンス」は、デリケートな肌でお悩みの方におすすめしたい保湿美容液です。健やかな肌へのアプローチとして「宮古ビデンス・ピローサ」を配合しています。
宮古ビデンス・ピローサとは、白い可憐な花を咲かせる野菊の一種であり、宮古島で育まれた自然の力をもってトラブル肌の状態を健やかにサポートしていきます。このことは一部の大学や医療機関において研究のテーマとして注目されています。
さらに宮古ビデンス・ピローサは、素材の力を余すことなく発揮できるよう、化学肥料や農薬など一切使用しないオーガニック農法で栽培しています。


肌になじんでしっとりとうるおう。やさしくいたわる配合成分

「ケアピローサエッセンス」は、肌にやさしい弱酸性です。香料、着色料、石油系乳化剤、パラベン、エチルアルコール、鉱物油は使用していません。細胞膜に似た機能をもつ天然由来の成分が乾燥から肌を守り、うるおいを長時間保持します。「ケアピローサエッセンス」はべとつかず、しっとりなじんで、肌をやさしくいたわります。




商品スペック

トラブル肌へのスキンケア ケアピローサエッセンス
健やかな肌へ、自然の恵み


特徴

肌を健やかにサポートする天然素材「宮古ビデンス・ピローサ」を配合しています。
クリーム状のエッセンスがべたつかず、しっとりと肌になじみます。
乾燥から肌を守り、うるおいが続きます。
アレルギーテスト済み、無香料・無着色など肌にやさしい成分設計です。
※すべ全ての人にアレルギーが起きないというわけではありません。


配合成分

水、シクロメチコン、グリセリン、DPG、ミリスチン酸オクチルドデシル、水添レシチン、BG、コシロノセンダングサエキス、コレステロール、カルボマー、グリチルリチン酸2K、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))、コポリマー、TEA、トコフェロール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール


使用方法

1回1プッシュを目安に手に取り肌になじませてください。


ケアピローサエッセンス(店頭のみの販売となりました。取り扱いありますのでお電話でお問い合わせ下さい)
  • オススメ
商品コード: 002-K001

ケアピローサエッセンス(店頭のみの販売となりました。取り扱いありますのでお電話でお問い合わせ下さい)

※現在、店頭のみの販売となります。お電話でお問い合わせください。
「ケアピローサエッセンス」は、デリケートな肌でお悩みの方におすすめしたい保湿美容液です。健やかな肌へのアプローチとして「宮古ビデンス・ピローサ」を配合しています。

内容量:95g
販売価格(税込) 4,212 円
関連カテゴリ:

美容・シャンプー・石鹸

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

※薬事法及び薬剤師法の一部改正に準ずる追記事項(H26.6.12施行)

許可区分 薬局
許可証の記載事項 開設許可番号 23港み生薬第47号
有限会社バンビー薬局
東京都港区新橋3-19-2
吉松幹雄
管理者名 吉松幹雄
在籍薬剤師 吉松幹雄、小寺清子(処方せん調剤および一般薬の販売に従事)
在籍登録販売者 蛯名勝行、廣田功、田島保信、石川洋介
(一般薬販売・仕入れ業務・在庫管理宇業務・その他業務を全員で従事)
取扱う要指導医薬品及び一般用医薬品の区分

医薬部外品、第2類医薬品、第3類医薬品(インターネット内)

特定販売の届け出を行っている事業者の検索
 ▼一般用医薬品の販売サイト一覧(外部リンク:厚生労働省ホームページ)

勤務者の名札等による区分に関する説明 各人名札に資格を記載
営業時間

平日9:30〜18:30、土曜日 9:30〜13:30
インターネットによる受付は24時間受け付けておりますが、相談、商品在庫確認、発送は営業時間内となっております。
在庫状況によりご連絡が1〜2日遅れる場合がございます。ご了承ください。

また勤務シフトは平日は11:00~18:00まで全員勤務、その他の時間はローテーション制ですがお問合せ等も全員が分かるようにしてあります。
土曜日は全員勤務です。

通常相談先及び緊急時の連絡先

*商品・利用方法・配送について等の連絡先:バンビー薬局新橋本店 03-3432-0288

*行政の相談窓口:みなと保健所生活衛生課医務・薬事係 03-6400-0044


バンビー薬局 新橋本店


バンビー薬局 新橋本店
店内の商品陳列棚の様子

1.要指導・第1類から第3類の定義及び解説

※要指導医薬品は、副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するものとして特に薬剤師の対面による情報提供及び指導が必要なものです。

※第1類医薬品は、副作用などのリスクがあり、特に注意が必要なもので、販売する際には薬剤師が医薬品に関する情報提供をすることとされています。
例としては、H2ブロッカーを含む胃薬や一部の毛髪用薬などがあります。


※指定第2類医薬品は第2類医薬品のうち、特に注意を要するものです。

※第2類医薬品は、副作用などのリスクがあるもので、販売する際には薬剤師または登録販売者が情報提供をすることとされています。
例としては、かぜ薬や解熱鎮痛薬、胃腸薬などの多くがこれに当てはまります。


※第3類医薬品はそれ以外の一般用医薬品で、薬剤師または登録販売者により販売されます。ビタミン剤や整腸薬などがこれに当たります。
薬剤師または登録販売者のいるコンビニエンス・ストアやインターネットなどでも販売されていました。

2.要指導・第1類から第3類の表示や情報提供に関する解説

→当薬局は実店舗も薬事法に則った商品陳列・説明を薬剤師・登録販売者が行っております。

※表記について
医薬品パッケージ(外箱・外装と添付文書にリスク区分を表示します。表示方法は、印刷による表示、シール表示などです。

①要指導医薬品は、要指導医薬品と表示します。
②第1類医薬品は、第1類医薬品と表示します。
③指定第2類医薬品は、第2類医薬品(2の部分を□で囲む)。または第②類医薬品と表示します。
④第2類医薬品は、第2類医薬品と表示します。
⑤第3類医薬品は、第3類医薬品と表示します。

※情報提供について
①要指導医薬品・・・情報提供場所にて使用者本人に薬剤師が確認ツールおよび書面を用いて行います。薬剤師の判断により他剤推奨、受診勧奨などの指導を行います。
②第1類医薬品・・・ 薬剤師が確認ツールおよび書面を用いて情報提供します。薬剤師の判断により受診勧奨などの指導を行います。
③指定第2類医薬品・・・ 薬剤師・登録販売者が積極的に情報提供に努めます。
④第2類医薬品・・・ 薬剤師・登録販売者が情報提供などに努めます(努力義務)。
⑤第3類医薬品・・・ 薬剤師・登録販売者が必要に応じて情報提供などに努めます。

3.指定第2類の販売サイト上の表示等の解説及び禁忌の確認・専門家への相談を促す表示

→「指定第二類医薬品」とは(風邪薬・解熱鎮痛薬・水虫薬・痔疾用薬など)で第1類から外れ、商品パッケージの表示の「2」に丸や四角の枠で囲って表示しているもので、また風邪薬や解熱鎮痛薬以外の指定第二類医薬品の広告では、「使用上の注意をよく読んでお使いください」の前に「薬剤師・登録販売者に相談の上、」というメッセージが追加され、これまで注意喚起の表示がなかった製品の広告においても表示が義務付けられた臆するです。当サイトでは販売致しておりません。

4 一般用医薬品の販売サイト上の表示

→各商品の中で一般医薬品については「第○類」との表記がしてあります。
お薬の相談等につきましては上記の連絡先に営業時間内にご連絡下さい。

5 要指導医薬品・一般用医薬品の陳列の解説

→店頭には要指導医薬品・一般用医薬品の陳列を区別しております。

※指定第2類医薬品の陳列に関する解説

①第2類医薬品のうち、特に注意を要する成分を含んだ医薬品をいいます。
②指定第2類医薬品は、パッケージに第2類医薬品(数字を四角囲み)または第2類医薬品(数字を丸囲み)と表示します。
③指定第2類医薬品は、専門家が在席するカウンター等より7m以内に陳列し、情報提供の機会を高めます。

6 副作用被害救済制度

→医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。
▼医薬品副作用被害救済制度について

7 販売記録作成に当たっての個人情報利用目的

→下記の通りとなります。
▼プライバシーポリシー:個人情報の取り扱いについて

このページのTOPへ
Copyright(C)2006-2014 Bambie Pharmacy All rights reserved.